幼児教室は大手と個人

幼児教室を運営しているのは大手の会社もあれば、個人経営をしているような教室などの小さな教室もあります。これらは費用や教育の仕方も違いがありますので、大手の教室と個人経営の教室の特徴というのを知ることが必要になります。まず大手の教室のメリットというのは全国各地にありますので、どの地域でも探すことができて認知度が高いので信頼性もあることになるでしょう。しかしながら大手の教室ではその分費用が高めであるというのがデメリットで、設備や教育の必要な教材などが高いということが多いようです。また個人経営の幼児教室では費用が安いというメリットが一番の魅力で、大手の教室の半額以下の費用であることもあります。また個人経営の教室というのは女性などが経営しており、子供のいる主婦が教室を経営しているので安心感があります。

幼児教室に通うことのメリット

幼児教室は、子供の知能や、運動能力、手先の器用さ等、さまざまな面をバランスよく刺激し、発達を促す効果があります。子供は、3歳までに多くの経験をさせることが大切であり、その後の人生に大きな影響をもたらすという説がありますが、それを家庭で行うには多くの時間や手間を費やす必要があります。幼児教室は、そうした貴重な経験や、必要な刺激を、教室ごとの独自のカリキュラムや、教育で可能にするので無理なく子供の可能性を育てることができます。また、幼稚園や保育園、小学校といった集団生活に入る前に、親元から離れることで、本格的な集団生活に入る前に予行練習を行うことができ、自立がスムーズにいくメリットもあります。また、お友達と共同作業を行うことや、先生の指示に従うといった基本的な社会でのルールや、我慢の必要性も学ぶことができるのも良さのひとつです。

幼児教室で学べること

お受験に際しては幼児教室に通うことも多いですが、そこで学べる一番大きなところは二つあると考えます。一つ目は、お友達との交友関係の作り方。これはもちろん幼稚園や保育園でも学ぶことができますが、お受験で好かれるような、子どもなりにそつのない付き合い方といったものは、やはりお教室で学べるところが多いです。幼稚園によっては、元気いっぱいのびのびとやらせるところも多いですが、譲り合ったり、優しさを見せるということはお教室でしっかり学べるところが大きいと感じます。二つ目は、お受験の模擬試験機能です。お受験に必要な知識や技能自体は、しっかりとした家庭教育をすれば身につけることもできますが、お受験本番で初めて会場に行くというのでは、子どもは緊張してしまいます。幼児教室に通っていれば、お友達がたくさんいる中でどう振る舞うかや、先生やみんなが見ている前でも堂々と実力を発揮できるかという「本番力」が身に付くと考えます。この点も、お教室に通うメリットといえるでしょう。